子供がかかりやすい口腔内の疾患と予防

見逃せない!お子さんの口の中の不調

口の中の粘膜や歯茎が腫れる

口は健康の入り口といわれます。
食事をとるためには、健康な歯が生えそろっていて、粘膜や歯茎にキズが付いていない状態であることが大切です。
物を口に含んだ時に当たって痛みを感じたり、良くかみ砕いたりできないと、しっかりと食事をとることができませんよね。
食事は楽しんで取ることが、身体にも心にとっても大切ですからね。
よく噛んで食べることは、味覚や脳の発達に役立つうえ、胃腸の健康を整える効果があります。
口腔内の健康を損なうことは、身体の健康にも影響を及ぼしてしまう可能性があるのです。
痛みがあるため食事をあまりとらないと、成長や健康に支障が出てしまうかもしれません。
意思をはっきり伝えることができる大人ならともかく、お子さんの場合自分で気づかないケースがあるようです。
また、生まれたばかりの赤ちゃんでも口の中の病気にかかってしまうことがあるのです。
口腔内の不調は、健康を害す可能性があるとともに、病気のサインを出している可能性があります。
お子さんが自分で気づいて痛みを訴えられない分、ご両親が注意して見てあげましょう。
口の中の病気の代表格といえば虫歯や歯周病です。
でも、気を付けるのはそれだけではなく、注意したい病気は他にも様々なものが存在します。
口の中の粘膜や歯茎、舌、あるいは口の周辺に炎症や吹き出物が出るなど、様々な症状が生じるのです。
ここではお子さんが良くかかる口腔内の病気について知っておきましょう。

TOPへ戻る