見逃せない!お子さんの口の中の不調

口腔内の健康の大切さ

一般的な口内炎

口腔内の腫れや炎症がある状態は口内炎と分類されます。
一般的なのは寝不足や栄養の偏りなどから生じるアフタ性口内炎です。
周りが赤く、膨れている部分が白または黄色のできものです。
1~2週間程度で自然に治りますが、まれに潰瘍性大腸炎など病気の疾患が原因でできる場合があります。
規則正しい生活、バランスの良い食事をとることが予防につながります。
また、口の中を傷つけてしまい、細菌が侵入し繁殖することで粘膜が荒れた状態になったものをカタル性口内炎といいます。
赤い炎症や斑点、水泡などが特徴です。
アフタ性のものと比べるとはっきりと形が目立たないため、口内炎と気づかない場合があるようです。
症状が重くなると口臭が気になることがあります。
繰り返し発生する様だと、他の病気につながることがあるので注意が必要です。
口の中を傷つけてしまっている原因がないか、確認しておきましょう。


ウィルス性や細菌性の口内炎

頬の内側や口の中の天面部分、舌などに白い斑点のようなものが付着し、無理にはがそうとすると出血する口内炎は、カンジダというカビ(真菌)が増えたことにより起こる口腔カンジダ症です。
健康な状態で発症することはあまりなく、抵抗力が弱い時にかかることがあります。
口腔カンジダ症がある場合、重大な病気が隠れていることがあるので注意が必要です。
予防には健康を維持することが一番。
また、乾燥していると粘膜が傷つきやすいのでこまめに水分を摂りましょう。

そして、強い痛みを伴い赤く腫れる口内炎がヘルペスウイルスによるヘルペス性口内炎です。
舌や唇、歯茎だけでなく、のどの近くや唇の外側にも発症することがあります。
見て分かる症状だけでなく、発熱やリンパの腫れなども起こります。
ウィルス性で感染する可能性があるため、完治するまで食器やタオルなどの共有は避けた方が無難です。


TOPへ戻る